読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼はモラハラ?

イタリア人の彼とローマで暮らしています。日々喧嘩の度に暴言をはかれ、モラハラを受けているのではないかと思いブログを始めました。

モラハラ照合8&ある日の出来事

29.電話対応の仕方について細かく注意してくる

電話の対応以前に、電話はすべて彼が取ります。

私は彼と付き合うに当たって、男女共ほとんどの交友関係を断ち切りました。

男性から電話やメールがあると何かと煩いし、疑いの目で見られるし、彼と暮らすに当たって街が変わったので(もと住んでいたところから高速を使って6時間掛かります)、交友関係も自然になくなりました。

ローマには知り合いもなく、私には彼しかいません。

私は未亡人で(イタリア人の男性と結婚しましたが他界されました)、少し遠い所に親戚がいるのですが、たまに電話が掛かってきても、男性からだとしつこく聞かれ、時には受話器ごしに一緒に聞いたりしています。

30.あなたのお金の使い方や掃除の仕方等、細かいところまで目を光らせている

私自信の物を買うのでも、「買わなくてもいいのじゃないか?高すぎる?」と言ってきます。普段着は野外のメルカート(市場)でせいぜい3~5ユーロのものでもそう言われます。

掃除に関しても、機嫌が良い時はいいのですが、機嫌が悪いと細かな部分を指摘して言われます。(年に1度するかしないかという所など)

一度「お風呂場を掃除しろ!」(イタリアのお風呂場はバスタブ、トイレ、ビデ、洗面台が一緒になっています)と言われたのですが、一見綺麗に見えたので、どこを掃除していいものやら分からないことがありました。

イタリアは硬水なので、カルシウムが結晶して白くなったりするんですね。

それを綺麗にしろとのことでした。もう慣れたので、言われる前にサッサと掃除するようになりました。

31.彼が激怒する原因は、大抵どうでもいいことである

どちらかと言えば、彼は潔癖症です。

病的までは行きませんが、気になると私に掃除させるか、徹底的に自分が掃除をします。(ピカピカになります)

髪の毛が落ちていたり、扉が完全に閉まっていなかったりなどなど続いてしまうと、激怒に変わります。私のオッチョコチョイが彼の勘に触り喧嘩の元になってしまうことが多いようです。

例えば洗面所の鏡の前に普段ないようなものがあった場合、まず私を呼びつけて仕舞わされます。自分が来るのではなくて、いつも何かあると呼びつけられるのが日常です。

32.彼に不機嫌な理由を尋ねても、まともな答えが返ってこない

不機嫌になったということは原因があるわけで、理由がわからないということはありません。

 

”ある日の出来事”

日曜日、よく車で30分ほどの大きい市へ出かけます。

出かけるときはいつも彼と一緒です。

彼は自分の買い物がなく、私に付き合わされている時は早く帰りたがり、ゆっくり見ることができません。ナイトキャップの生地を選んでいる時、もう帰ろうと言われ、「後2分待って」とお願いしているのに、さっさと車の所へ行ってしまった時にはガッカリしました。

その時は買わずにすぐに彼の後を追いました。

その翌週「生地を選べなかったから、あなたが行きたくないんだったら一人で行く」と言うと(一人で行けと言われていました)、

「家の仕事が一杯あるだろ!!」と言われ、泣く泣く行きませんでした。

凄く寒い日が続いていて(彼宅は寒いです)、至急フリース地でナイトキャップを作ろうと思っていたんですけどね。

彼の機嫌を取りながらの生活は本当に疲れます。。

 

一人で買い物もウィンドーショッピングもしたことはありません。

いつも彼と一緒で、まして一人になれる時間なんて皆無です。

電話もしないし、掛かってもこないし、唯一年に1ヶ月帰国するのですが、その時には思いっきり羽を伸ばしています。

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ