読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼はモラハラ?

イタリア人の彼とローマで暮らしています。日々喧嘩の度に暴言をはかれ、モラハラを受けているのではないかと思いブログを始めました。

モラハラ照合12

48.基本的に食べ物にうるさい(味・提供時間・出し方・作り方など多岐にわたる)
彼の両親はレストランを元はレストランを経営してまして、彼母が1人で料理を作っていました。そんな環境の中で育った彼ですので、とにかくテーブルセッティング(フォークの位置など)から煩く、細かいです。
今はほとんど彼が料理をするので、私はアシスタント的な存在なので楽なのですけどね。

49.食べ物が好みの温度でないと、何度でも温め直させる(温めたタイミングでは食べずにワザと冷まさせることも)
イタリア人は殆どの人がそうだと思いますが、基本的に冷たい料理は食べません。
パスタなどは茹で上がってからすぐに食べるのがルールです。
彼がパスタを茹でている時に(私には茹でさせてもくれません。まぁ難しいんですけどね)トイレに行くと言うと、途端に不機嫌になります。かといって、朝食でトーストが焼き上がると(朝は私が準備します)彼は普通にトイレへいって何分も出てこないということもありますが。
その間私は食べるのを待ってます。。
残りものは暖めるのが基本で、熱々を食べますが、万が一温まっていないと温めさせられます。でもワザと冷まさせるという陰険さはありません。イタリア人で陰険な人というのはまだお目にかかっていません。

50.食事の内容が悪いと、一から作り直させる
食べたくないと食べませんし、翌日私が食べるかします。基本的に食物は自分で稼いで買った物という意識が強いため捨てることは稀です。
冷蔵庫で食物が駄目になってしまうと、これほど怒られることはありません。
少し脇道にそれますが、そのようなことが原因で家を出たことがありました。
彼母が体調を崩して入院し、退院後彼宅に3,4ヶ月同居したのですが、そのストレスもあったと思います。
彼がずっと調理をしていたので、冷蔵庫に何があるのかなんて私は殆ど把握してなく、買い物に行く彼がに「何が必要か(足りない)?」と聞かれ、「私は分からないわよ。あなたが料理しているんだから何が足りないか知っているでしょう?」というと、「冷蔵庫に何があるか、足りないかはお前が知っておくべき」と言われ、少しカチンときたので、隣に座っていた彼母に、
「彼が正しい?それとも私が間違っているの?私が冷蔵庫内を把握してないといけなかったの?」というと、「そうだ」と言われ、ここには私に味方してくれる人は誰1人いないんだと思うと失望してしまい、、、その後彼と大喧嘩になり結局家を出たのでした。
それまでもいろいろとあったのですけどね。

51.食事の前も、外出の前も「いつまで待たせるんだ!」と言わんばかりにイライラして見せる
これは嫌な思い出があります。
夕食の支度を私がすることになっており、19時に食べたいと彼がいうので、簡単なものだったので準備するのに15分として、それまでPCで動画を見ていました。
準備をしていると18時55分になって彼がキッチンへやってきて、19時と言っているのにまだできていないのか!!とやんややんや言ってくる。まだ19時じゃないでしょう!と忙しく準備し結局17時02分になってしまいました。
このたった2分を彼は許せないのですね。
また大喧嘩になってしまいました。
こんな心の狭い男、何で一緒にいるんだろう!とガッカリしました。
後で冷静に考えると、虫のいどころが悪かったのかな?単に私に当たりたかったのかな?と思いますが、やはり行きすぎていますよね。

私のPCはイタリアで買ったものですが、日本のブログ、動画、日記などは日本語ですし、日本語が分からない彼としては、私が何をしているのか、何を見ているのか気になるようで、長時間になってしまうと「家事もろくにやらずにPCなんか見るな!」と言ってきます。
彼とつきあうようになって、引っ越したせいもあるかもしれませんが、私の友人達は疎遠になってしまい、このローマでは全く友人がいません。なので相談する人など1人もなく、こうやってPCを見たりするのが唯一の憩いになっているのです。
何とかそれを取り上げられないように、午前中は家事に専念し、夕方から夜にかけて見ているのですけどね。
私がPCを使うこと自体気に入らないようです。

52.彼の怒りのスイッチにはルールも規則性もなく、まさに地雷のようである
まさにその通りです。
今まで機嫌良く2人で笑ったりしていたのに、急に機嫌が悪くなり怒り出してしまうことが多々あります。
全部私に対する文句なんですけど。


にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ