読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼はモラハラ?

イタリア人の彼とローマで暮らしています。日々喧嘩の度に暴言をはかれ、モラハラを受けているのではないかと思いブログを始めました。

やり合った

日曜から鬱憤が溜まってた。
いつもの様に日曜朝市へ行き、彼の機嫌が悪かったのでさっさと必要な物を購入した。
ビーナスの誕生を描いたボッティチェッリと同門のリッピが描いたような額があり、私はとても気に入って買いたいと思ったのだが、彼に却下された。「好きじゃないし、置き場もない」と。
20cmX30cmの小さいものだからベッドサイドテーブルかピアノの上にでも置きたいと言っても承諾しない(勿論私が購入する)。
とても安かったのだけど諦めた。

最後に目当ての羽毛布団を見ていたら彼が、「最近暖かいから羽毛なんていらない」と言い出した。
朝市は羽毛も安いし、羽毛を買うのを彼も承諾していたはず。(ちなみに羽毛布団も私が購入予定)
それなのにキレてしまい、そのまま帰宅せざるを得なかった。

昨日の昼食は外食し、出先で脹脛を思いっきり剃ってしまった。とても痛かったけどそのままにし、夜見てみると熱をもって腫れており、少し皮がはげて血が出ていた。
彼宅には救急用品なんて殆ど無いし、どうしたらいいか彼に聞くと、
「今TVを見てるんだ!」と言って聞き入れてもくれなかった。
国民投票が行われた日で結果を見ていた)
もっと言い方があるのじゃないか?
彼の愛情を全く感じられなくて、悲しくなってそのまま泣きながら寝てしまった。

私はローマでは友達もなく、彼しかいない。
彼に冷たくされてしまうと、とても孤独を感じてしまう。

今週彼叔父夫婦が昼食に来るので、ホールケーキを作ろうと朝市で苺を買った。
そうしたら、今日になって、「今は苺の時期じゃない。美味しくないに決まっているだろう?それにどんな化学薬品が入っているかしれやしない。俺は食べない、母にも苺は入れるな!」
と言ってきた。
何で私が苺を買う時そう言ってくれなかったのか?
「じゃぁあなたと彼母には苺をいれないから」ということで承諾してくれた。
まったく。。溜息がでる。。

昼食中涙が出てきて止まらなくなり、「そんなに苦しんでいるんだったら、出ていったらいいじゃないか」と。
話し合いで解決できるカップルが羨ましい。
自分の言うとおりにできないのであれば、すぐに出て行けとなる。。

先日も写真コースや絵画コースが無料で受けられるというチラシを見て、是非やってみたいと彼に言ったのだが、
「そんなことする暇があったら、家事をしろ!」と一喝された。
そのうちに歌のレッスンもと思っていたが、行けそうにない。
「そんな金があるんだったら家に入れろ!」と言われるに違いない。

彼の言うがままに動いて、彼の好みのものを書い、私の意思は殆ど尊重されない。
彼には全く結婚の意思もなく、私はただ都合がいい女というだけ。

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ